三寶山 眞華院 不器用だけど心があたたまる東北の片隅にあるちいさな日蓮宗のお寺    TOPページへ


当山の沿革

当山は、幼少期の病を法華経の信仰により救われた落合妙瑞法尼が、島根県より法華経、日蓮大聖人の教えをを広めるべく有縁の地、山形縣庄内余目(しょうないあまるめ)に来て布教され、昭和53年11月「庄内地区法華道場三寶会(さんぽうかい)」を結成したのが始まりです。

それ以来、多くの信者がお題目の力によって救われ、心身の病が癒されました。

信者がふえていく中、昭和56年、宗祖日蓮大聖人の歿後700遠忌の折り、恩師冨永日豊上人(千葉県多古妙光寺)より「御肉鬚(にくひげ)日蓮大菩薩御分身の尊像」を奉安いただき、法尼はこの大慶事に出家得度し、新寺建立を発願しました。
新たに境内地を求め堂宇(どうう)を建立し、昭和60年、仏さまのご加護のもと、天の時、地の利、人の和が整い、5月26日開堂落慶(らっけい)となりました。

恩師は開山(寺を開いた人)として、自らは開基(お寺の基を築いた人)となり、その後も法尼は境内を整備し寺観を整え、さらに三寶会内陸支部(飯豊町椿)を建設し精力的に布教に尽くされました。平成10年5月、法尼は高齢により自ら院首となり、現住職の落合玄昭(げんしょう)上人に寺を継承し、現在至っています。

現住職は、先代が言われた「世の生きる人々の助けの寺であれ」との言葉を心に日々精進しています。  


お問い合わせは

三寶山 眞華院
〒999-7781
ヤマガタケン ヒガシタガワグン ショウナイマチ アマルメ アザ シモボンテンヅカ
山形県東田川郡庄内町余目字下梵天塚57-10  (地図・アクセス方法)
TEL/FAX: 0234-42-0346