三寶山 眞華院 不器用だけど心があたたまる東北の片隅にあるちいさな日蓮宗のお寺    TOPページへ


一念三千(いちねんさんぜん)

解説 これは中国の天台大師智顗が説かれた、法華経の最高教理。
   日本では日蓮聖人が事の一念三千としてさらに推し進めた教えを展開された。
   ものすごく深い教えなので、ここでは、簡単に説明してみましょう。
   一念とは、私たちの瞬時に起こる心の思い。三千とは宇宙の総て森羅万象を意味し。
   簡単にいえば私たちの心の中には宇宙森羅万象が入っており、一瞬一瞬の心に常に影響し、
   また我々の一瞬一瞬の思いが宇宙森羅万象に影響する。

   私たちが正しい心で日々を生きれば、宇宙森羅万象からの良い影響を与えられ、悪い心で
   生きれば宇宙森羅万象の悪い影響が与えられる。
   人間は自分の心次第で良くもなり、悪くもなる。総ては瞬時の念から。


同じカテゴリー(な~んとなくナットク!用語解説集)の記事画像
な~んとなくナットク!用語解説集
同じカテゴリー(な~んとなくナットク!用語解説集)の記事
 な~んとなくナットク!用語解説集 (2008-04-30 00:00)
 合掌礼拝(がっしょうらいはい) (2008-04-04 00:00)
 感応(かんのう) (2008-04-02 00:00)
 四苦八苦(しくはっく) (2008-04-01 00:00)